BOTANIST Journal 植物と共に生きる。

BOTANIST journal

HOW TO 04

シャンプー・トリートメントの選び方と正しい髪の毛の洗い方・お手入れ方法

毎日使うシャンプーやトリートメント、どのように選んでいますか? お肌も髪質も人それぞれ、季節や体調などのコンディションによっても様々です。 BOTANISTにはシャンプー・トリートメント共にそれぞれ6種類のタイプがあります。

髪の軽さや重さ、しなやかさやコシ、ボリュームを出したいのか抑えたいのか―何を求めるのかによってシャンプー選びは千差万別です。 自分の髪に合ったシャンプーやトリートメントを正しく使うことによって、あなたの髪はもっと輝くことができるのです。 BOTANISTの6タイプから自分に合うタイプを探すのに参考にしてください。

シャンプーとトリートメントの正しい使い方

正しいシャンプーの5つのポイント

正しい手順でシャンプーすることで、髪の悩みが改善することもあります。 以下の5つのポイントをしっかり守って洗うことで、髪の魅力をさらに引き出しましょう。

1.シャンプー前にブラッシングする
シャンプー前に丁寧にブラッシングし、髪のもつれをほどきます。こうすることで、シャンプー時の指通りがスムーズになるだけでなく、髪の汚れも落ちやすくなります。
2.38度程度のぬるま湯でしっかりと素洗いする
地肌や髪にやさしい、人肌より少し温かい程度のぬるま湯で丁寧に流します。丁寧に行えば、ブラッシングと素洗いだけで髪の8割もの汚れが落とせるといわれています。
3.シャンプーは適量を手のひらであわ立ててから使う
シャンプーの量は髪の長さや汚れの度合いによって変わりますが、泡が頭皮と髪にゆきわたる程度の量を使います。 直接地肌につけるとすすぎ残しの原因となるため、いったん手のひらであわ立ててから使いましょう。
4.マッサージしながら頭皮の汚れをしっかり落とす
爪を立てないように、指の腹でやさしく頭皮をマッサージするように洗います。耳の周りやえり足なども丁寧に洗いましょう。 髪はシャンプーの泡が全体にゆきわたることで、こすらなくても十分汚れが落とせます。
5.洗い残しがないようにしっかりとすすぐ
シャンプーの成分が頭皮や髪に残らないよう、十分にすすぎます。 すすぎ残しはトラブルの原因となるため、特に耳の周りやえり足、生え際などにも注意して、数分かけるつもりですすぐと安心です。

正しいトリートメントの5つのポイント

シャンプーと同じく、トリートメントも正しい手順で行えばその効果は高くなります。以下のポイントを守って美しく健やかな髪を維持しましょう。

1.しっかりと水気をきる
トリートメント剤が流れてしまわないように、つける前に手のひらで毛束を挟むようにして毛先の水をしっかりときります。
2.手に適量をとり指の間までトリートメントをしっかりとのばす
髪の長さに合った量のトリートメントを手にとり、手のひらと指の間までしっかりとのばします。
3.髪の毛先から中間にかけて手を広げて下から上につけていく
トリートメントは髪の根元側にはつけません。ダメージを受けやすい毛先側から中間にかけてのばしていきます。手を熊手のように広げ、手櫛を通すように毛先から中間、下から上へとつけていきます。
4.手櫛で全体になじませる
トリートメントを毛先側から髪の中間までゆきわたらせたら、手櫛で全体になじませます。毛先数センチを毛先に向かって指でつまんでもむようにすると、さらにしっとりとした仕上がりになります。
5.なめらかさが残る程度に注意して流す
5分程度置いた後、しっとりした感じが髪に残る程度に流します。流しすぎると効果が弱まるので、ぬるぬる感が取れればOKです。
※髪の根元までつけると頭皮にべたつきを感じることがあります。 毛先から中間にかけてつけることをおすすめします。

髪のごわつき・パサつきが気になるあなたは、MOISTタイプ

髪がゴワゴワやパサつきなど乾燥が気になる人にオススメ。 潤いを与えしっかりと洗い上げるシャンプーと、毛先がまとまりやわらかく仕上がるトリートメントで、しっとりとして落ち着いた潤いのある髪へ導いてくれます。

こんなあなたにオススメ

  • 髪が乾燥している、パサつきが気になる
  • 髪の広がりを抑えたい
  • しっとりとしなやかに仕上げたい

髪のハリやコシが気になるあなたは、SMOOTHタイプ

ハリやコシが少なく、やわらかすぎる髪質に悩んでいるという人にオススメのタイプです。 さっぱりした洗い心地でさらさらな指通りを叶えるシャンプーと、ハリとコシを与え毛先までさらっと軽く仕上げるトリートメントで健やかな髪へと導きます。

こんなあなたにオススメ

  • 軽やかに仕上げたい
  • さらさらとした指通りが好き
  • 髪のハリ・コシが気になる

頭皮の乾燥やベタつきが気になるあなたは、SCALPタイプ

乾燥やベタつきなど、頭皮が気になる方にオススメ。 根元からスッキリ洗い上げるシャンプーと、マッサージによって地肌から健やかな髪に仕上げるトリートメントで、頭皮の汚れを取り除き健やかな地肌と髪へ導きます。

こんなあなたにオススメ

  • さっぱりとした洗い上がりが好き
  • 頭皮の乾燥が気になる
  • 頭皮のベタつきが気になる。

髪の傷み・ダメージに悩むあなたはDAMAGE CAREタイプ

髪がパサパサになりスタイリングが決まらない、傷んだ髪をなんとかしたい人にオススメ。 ダメージを受けた髪をやさしく洗い上げるシャンプーと、髪に浸透しなめらかに仕上げてくれるトリートメント。多方向から枝毛や切れ毛などのダメージを補修し、艶髪へと導きます。

こんなあなたにオススメ

  • ダメージが気になる
  • 指通りをなめらかに
  • 枝毛、切れ毛が気になる

地肌と髪をすっきり洗いたいあなたは、CHARCOAL CLEANSEタイプ

チャコールクレンズとは、チャコール(炭)を使ったクレンズ方法のこと。チャコール(炭)は、海外では不要なものを吸着し、ダイエット等に利用されている。このチャコールクレンズをシャンプーにしたのが、CHARCOAL CLEANSEタイプ。頭皮や髪の汚れをしっかりと落としたい方におすすめです。大きさが異なる2種類のチャコール(炭)が、これまで落としきれなかった汚れも吸着して、健やかな地肌に整えます。 こだわりの植物成分を配合しているから、洗い心地はすっきりでも、髪にはしっかりとした潤いを。潤いと健やかさもあたえてくれます。メントール配合だから仕上がりは爽快感を楽しめるでしょう。

こんなあなたにオススメ

  • 頭皮や毛穴の汚れを落としたい
  • 落としきれなかった汚れもすっきりさせたい
  • 冷涼感ある洗いあがりが好き

ボリュームとしなやかさを両立したいあなたは、BOUNCY VOLUMEタイプ

根元のボリュームは欲しいけど、潤いとしなやかさも妥協したくないあなたにオススメです。毛髪補修成分※が髪のダメージホールを埋め、内側からハリやコシを与えてくれるので、ボリュームとしなやかさの両方を手に入れられます。独自に植物由来の保湿成分を配合した「しなやかバウンシー処方」で、理想のボリュームに。
※乳酸桿菌/豆乳発酵液、グルタミン酸、ユズ果実エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

こんなあなたにオススメ

  • 髪のハリやコシが気になる
  • ふんわり仕上げたい方
  • ボリュームが気になる

おわりに

ふだんの髪質はもちろん、季節やコンディションなどその時々の髪の状態にあわせてシャンプーやトリートメントを正しく選び使うことが大切です。 また、複数のタイプを使い分けることで、理想の仕上がりに近づけることも可能です。 たとえばシャンプーとトリートメント、どちらもMOISTタイプにすると重く感じる方は、MOISTタイプのシャンプー+SMOOTHタイプのトリートメントなど、違うタイプを組み合わせて使うことで少しライトな仕上がりに。 髪の状態に合ったシャンプーやトリートメントを選んで、より美しい髪を手に入れてみませんか。