BOTANIST Journal 植物と共に生きる。

BOTANIST journal

HOW TO 15

肌にやさしいアミノ酸シャンプー!低刺激で健やかな肌に

「髪の毛にはできるだけナチュラルなシャンプーを使いたいけど、しっかり髪のダメージも抑えてくれる効果がほしい…」と悩んでいませんか?どちらも満たしてくれるシャンプーはないとあきらめていませんか?アミノ酸シャンプーならこの希望が叶えられるかもしれません。 今回は、そんなアミノ酸配合のシャンプーについて紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

アミノ酸シャンプーの特徴ってなに?

最近よく耳にするようになったアミノ酸シャンプーの基本について簡単に解説します。

アミノ酸とは

まずは人間の体についての説明をしていきます。「アミノ酸の説明は関係あるの?」と思われるかもしれませんが、これが今回の重要ポイントといってもいいかもしれません。 私たちの体の60%は水、20%がたんぱく質から成っています。このたんぱく質の成分がアミノ酸です。 つまり、体の2割がアミノ酸からできているといえるのです。通常のたんぱく質は、数百個、数千個のアミノ酸が連なってできているのだそう。血管や内臓、皮膚、そして髪の毛もアミノ酸からできていると思うと、アミノ酸は私たちそのものをかたち作るとっても大切なものだとわかりますね。

アミノ酸シャンプーが人気の理由

アミノ酸シャンプーが注目されているのは、体と同じ成分が使われているので、髪や皮膚にやさしいのが大きな理由です。シャンプーは髪の毛と頭皮を洗うためのものだけど、頭皮からつながる体の肌全体のためにも、肌にもやさしいものを選びたいもの。シャンプーが体と同じ成分からできていることで安心感が増すでしょう。 アミノ酸シャンプーは、洗浄力がやさしいため肌への刺激が少ないのが特徴です。敏感肌の方、抜け毛に悩む方にも人気があります。

シャンプーの種類

ここでは一般的なシャンプーの種類について紹介していきます。3つ目にアミノ酸シャンプーについて紹介していますので、購入をする際の参考にしてみてください。 シャンプーには大きく分けて3つの種類があります。

  • 高級アルコール系シャンプー…このようなシャンプーの多くは、石油由来の成分が使われています。安価で洗浄力が高いのが特徴ですが、必要な皮脂まで落としてしまうので、人によっては刺激が強すぎると感じたり、乾燥しすぎると感じたりするかもしれません。
  • 石けんシャンプー…石けん成分が主成分です。高級アルコール系シャンプーほどの刺激はありませんが、洗った後に髪の毛がアルカリ性になるので、ダメージが気になりがちです。そのため、アルカリ性を酸性にするために、クエン酸を配合した石けんシャンプー専用リンスがあります。
  • アミノ酸シャンプー…先ほど説明したとおり、アミノ酸系の成分が使われています。他の2種類よりも洗浄力は弱いですが、その分刺激が少なく肌にやさしいです。ほぼ毎日髪を洗う現代の生活では、それほど強い洗浄力がなくてもよい場合が多いのではないでしょうか。

どんな人に向いてる?アミノ酸シャンプーの特徴

アミノ酸シャンプーがどういうものかおわかりいただけたところで、どんな人に向いているのかお伝えしていきます。

1.弱酸性だから地肌が弱い人に向いている

アミノ酸シャンプーは肌と同じ弱酸性です。弱酸性という言葉は聞き馴染みがあると思いますが、なぜ弱酸性のシャンプーが肌にいいのでしょう?それは、肌や頭皮が弱酸性だからです。肌と同じ弱酸性シャンプーを使う方が、刺激が少ないのです。ですから、アミノ酸シャンプーは刺激に弱い敏感肌の方にも向いているといえるでしょう。 また、肌が敏感な子どもにも使えるのも大きなメリットです。子ども専用シャンプーと自分用シャンプーに分けている方も多いと思いますが、アミノ酸シャンプーなら子どもも大人も共有できます。バスルームにはアミノ酸シャンプーだけでいいっていうのはうれしいですね。

2.ヘアダメージが気になる人に向いている

日頃から乾燥肌や髪の毛の傷みが気にされている方にもぜひ使っていただきたいですね。季節の変わり目や気温の変化で、頭皮のかゆみや髪のパサつきを感じる方は多く、特に気温が下がる秋冬は乾燥しがち…。 アミノ酸シャンプーは保湿効果が高いため、このようなお悩みには効果があるでしょう。乾燥した髪の毛や地肌に潤いをあたえて、しっとり保ちます。乾燥でお悩みの方は、もしかすると洗浄力の強すぎるシャンプーで必要な皮脂まで落としてしまっている可能性も。こういった場合はアミノ酸シャンプーに変えてみてください。皮脂を必要以上に落とさないので、頭皮の潤いを保ちやすくなります。

BOTANISTのおすすめアミノ酸シャンプー

BOTANISTは、質感やお悩み、好きなライフスタイルに合わせて、様々なタイプのシャンプーを展開しています。今の自分にぴったりなシャンプーを探してみてください。

BOTANIST通常シリーズ

しっとりと潤う髪を目指したい方にはモイストタイプをおすすめします。髪の乾燥やパサつきが気になる方、髪の広がりを抑えてしっとりとさせたい方にぴったりです。 さらさらで軽い仕上がりにしたい方はスムースタイプを。さっぱりした洗い上がりで毛先までスムースな指通りになり、心まで軽やかになれそうです。

BOTANISTダメージケアシリーズ

よりダメージが気になる方には、「ボタニカルダメージケアシャンプー」がおすすめです。 ボタニカルシードオイルとボタニカルケア成分を独自に配合した「Wボタニカルリペア処方」が、傷んだ髪を健やかで潤いある髪にしてくれます。植物の種に着想を得た構造で、植物の生命力を最大限に引き出しました。 弱酸性の石けん系成分でやさしく汚れを落とし、植物由来成分がダメージを受けた髪に浸透し、潤いをあたえて補修。植物の力にこだわってきたBOTANISTだからこそできた、ダメージケアのためのシャンプーです。

まとめ

人間の体と同じ成分のアミノ酸からできているアミノ酸シャンプーは、肌にやさしく髪を健やかに守ってくれます。組み合わせや配合比にもよりますが、アミノ酸シャンプーなら、ある程度しっかり洗っても肌への影響は少なく済むでしょう。 頭皮へのダメージなどが気になる方は、BOTANISTをはじめとした、肌にやさしいアミノ酸シャンプーを使用してみてはいかがでしょうか。