BOTANIST Journal 植物と共に生きる。

BOTANIST journal

PLACE 03

大人も子供も夢中にさせる、楽しみに満ちた一大ガーデンセンター

大阪、千葉、東京に展開するガーデンセンター「the Farm UNIVERSAL」。広大な敷地に幅広い植物を取り揃えるだけではなく、植物園のような空間や、緑に包まれたカフェ、自然豊かな遊び場や体験施設があり、さまざまな楽しみ方ができると話題です。

目移りするほどたくさんの花や植物が揃う緑の楽園

大阪府北部に位置する茨木市の山中で、40年以上にわたり植物と園芸用品を提供してきたユニバーサル園芸社の本社ガーデンセンター。以前は一般的な園芸店だったところを、親子3世代でゆっくりと楽しめるオアシスのような場所にしようと全面リニューアルし、2015年4月に誕生したのが「the Farm UNIVERSAL OSAKA」です。甲子園グラウンドの2.5倍、約1万坪という広大な敷地は8つのエリアに分かれ、それぞれに個性が光ります。

「おはなのもり」は、花苗や多肉植物と必要な肥料や土が一式揃うエリア。所々に色とりどりの寄せ植えも見られ、それらを参考にオリジナルの一鉢作りを楽しむ方も多いのだとか。質問があればエリアにいるスタッフの方が丁寧に答えてくれますし、一角にある大きなカウンタースペースでは、不定期に講習会も開かれています。

「くらしのもり」は、植物を暮らしに取り込むアイデアを提案するエリア。お洒落に飾れるポットや吊り鉢、スコップなどのツール、植物にまつわるインテリア雑貨などが豊富に並びます。一方、フェイク植物やドライフラワーも。無理せず植物のある暮らしを楽しみたい方への選択肢の一つとして提供されています。また、ここの一角にも大きなカウンターがあり、ドライフラワー作りのワークショップなどが行われています。

「かんようしょくぶつのもり」は、観葉植物や多肉植物、エアープランツなど、室内で管理する植物が集まるエリア。変わった見た目の植物や珍しい植物も多く、まるでアートのような独特のフォルムが目を引く塊根植物のラインナップも豊富です。

ユニークな観葉植物に目を奪われていると、そのまま「せかいのしょくぶつえん」エリアへ突入。ここはその名の通り植物園のような空間で、まるで別世界に迷い込んだよう。巨木が生い茂る小道を進むと、途中ミミズクやフクロウとばったり出くわすサプライズに心躍ります。

屋外の「おにわのみどり」は、庭や大きめのプランターで育てる樹木のエリア。ハーブや果樹、常緑樹や落葉樹など、高木から低木まで多種多様に揃います。日本古来の樹木はもちろん、海外の樹木も色々。形や色味が独特で、庭のアクセントになりそうです。

いちご園やカフェ、遊び場といった体験施設も色々

目移りするほどたくさんの花や植物を取り揃える「the Farm UNIVERSAL」ですが、こちらが一般的なガーデンセンターと一線を画すのは、規模の大きさとエリアごとに趣向を凝らした見せ方、品揃えの多さだけではありません。

小高い丘を登っていくと、そこに広がるのはいちご園「Strawberry Farm No.15」。例年、12月末~5月末の期間、いちご摘みが楽しめます。また、いちご園の向かいにはヤギ小屋があり、えさやりを楽しむことも。

そしてお腹がすいたら、緑溢れるカフェ「FARMER’S KITCHEN」へ。こだわりの旬の野菜を中心としたサラダや窯焼きピザ、スイーツが楽しめます。テラス横にはキッズガーデンやペット専用エリアもあり、お子様やペット同伴でも気兼ねなく寛げます。

お子様向けには緑の中で楽しめるさまざまな仕掛けを盛り込んだ「あそびば」も。足元にはふわふわのウッドチップが敷き詰められ、シーソーなどの遊具や、自由にお絵描きが楽しめる水黒板が設置されています。

その他、4月中旬にはキャンピングカー「BambiII」を活用した「Airstream Café」がオープン予定。テイクアウトのドリンクや軽食を提供します。また今後、いちご園の拡張や、果樹園、ぶどう園、野菜畑、花畑などの新設が計画されており、さらに楽しみが広がる予定です。

大阪店の魅力そのままに街ナカで楽しめる千葉店

大阪・茨木に続いて、2016年3月千葉・稲毛にオープンしたのが、「the Farm UNIVERSAL CHIBA」。約1000坪の敷地を誇るガーデンセンターで、大阪と同じく「おはなのもり」や「かんようしょくぶつのもり」、「おにわのみどり」といったエリア別に花や植物を展示販売し、カフェも併設しています。 山の中にある大阪店とは違い、商業施設の一角にある千葉店の周りは、飲食店や雑貨店が乱立。その中で緑に囲まれた同店は、正に都会のオアシスといった雰囲気です。

緑の中で楽しく、美味しく、カフェが充実する南町田店

そして2019年11月には、東京・町田の南町田グランベリーパーク内に「the Farm UNIVERSAL MINAMI MACHIDA」がオープン。こちらも千葉店と同じく商業施設内にあり、大阪店や千葉店に比べるとやや規模は小さいものの、エリア別に花や植物をラインナップしています。一方カフェは他店舗よりも広めの作りで、多様なメイン料理と約80種類の野菜料理をブッフェ形式で楽しめる、農園ブッフェが人気となっています。

馴染みのものから見たこともない珍しいものまで、たくさんの花や植物に囲まれて過ごせる「the Farm UNIVERSAL」。自然と心癒され、お腹も満たされる充実空間だけに、ついつい時間を忘れて長居してしまうこと必至です。 すでに花や植物を育てている方は新たな出合いを求めて、これから始めてみたいと思っている方は自分の好みやライフスタイルに合うものを見つけに。是非お近くの店舗を訪れて、心を豊かにしてくれる、素敵なボタニカルライフの友を探してみてはいかがでしょうか?
DATA

the Farm UNIVERSAL OSAKA

大阪府茨木市佐保193-2
10:00~18:00
無休(年末年始休業あり)
072-649-5339



the Farm UNIVERSAL CHIBA

千葉県千葉市稲毛区長沼原町731-17 フレスポ稲毛 センターコート内
10:00~19:00(12月~2月は~18:00)
不定休
043-497-4187



the Farm UNIVERSAL MINAMI MACHIDA

東京都町田市鶴間3-4-1 南町田グランベリーパーク内
10:00〜20:00 グリーンショップ
11:00~21:00 カフェレストラン
不定休
042-850-7231