BOTANIST Journal 植物と共に生きる。

BOTANIST journal

LIFESTYLE 16

BOTANIST Tokyo人気メニューのレシピを初公開!自宅で楽しみたいフォトジェニックな2種類のスムージー

テレワークのお供にも!身体にうれしいフレッシュスムージーのレシピをご紹介。ご自宅でもBOTANIST cafeのドリンクをお楽しみいただきたいという思いから、人気メニュー2種のレシピを公開いたします。

フォトジェニックな見た目が好評の”スムージーボンボン パイン×キウイ”、ヘルシーなヴィーガン対応の”スプリングスムージー”の2種をご自宅でトライしやすい分量・食材にアレンジしました。
作り方のポイントもあるので、ご自宅で気軽にお試しいただけます。

スムージーボンボン パイン×キウイ

マーブル模様のスムージーは、パイン・シークヮーサーシロップ・杏仁ホイップのトロピカルな味わい。
底のキウイソースを混ぜながら飲むとアクセントに。

材料(1杯分)

スムージー

  • パイナップル 100g
  • シークヮーサージュース 10g
  • 牛乳 60g
  • グラニュー糖 5g
※ シークヮーサージュースは、レモン汁やライム汁などに変えられます。味を見ながら加えてください。

アマレットホイップ

  • ホイップクリーム 20g
  • アマレットシロップ 1g
  • キウイソース 30g
※ ホイップクリームにアマレットシロップを入れると杏仁風味になりますが、ない場合はホイップクリームのみでも◎
キウイソースが手に入らないときは、フレッシュキウイで代用できます。ストローで吸える大きさに、細かく刻んだり、つぶしてピューレにしてから使ってください。

トッピング

  • パイナップル(ひし形にカット) 10~13枚
  • グラノーラ 25g
  • チョコクランチ 5g
  • ミント 1枚

作り方

  • 食材を測る。かざりにするパイナップルを、薄くひし形にカットする。
  • カップにキウイソースを入れる。
  • ホイップクリームとアマレットシロップを混ぜる。
    絞り口をカップに当てながら入れ、スプーンで伸ばしてマーブル模様にする。
  • スムージーの食材をミキサーにかけ、カップに注ぐ。
  • グラノーラをのせる。
  • ひし形にカットしたパイナップルをカップのふちに飾る。真ん中にチョコクランチ、端にミントを飾る。

Point 花びらの切り方

  • ①パインの上と下を切り落とします。
  • ②縦に長い短冊になるよう、4分の1カットします。
  • ③白っぽくなっている芯(内側)を切り落とします。
  • ④-⑥上から見てひし形になるよう、皮を切り落とします。
  • ⑥薄く切って完成。
  • ⑦カップサイズにあわせて並べて、花びらの形に。グラノーラをグラスのフチよりも少し下になるように入れ、ひまわりの中心をくぼませると、バランスが良くなります。

スプリングスムージー

春の果実をたっぷり使ったフレッシュスムージー。
いちご、ラズベリーの甘酸っぱさと、てんさい糖、豆乳の優しい甘みが春にぴったり。

材料(1杯分)

  • いちご 50g
  • ラズベリー 30g
  • てんさい糖シロップ 30g
  • 豆乳 230g
※ ヴィーガンではなくなりますが、てんさい糖シロップは、ガムシロップでも代用できます。
上白糖やグラニュー糖を使う場合は、豆乳によく溶かしてから使ってください。

作り方

  • 材料を測る。ミキサーをはかりの上にのせて重さを測ると、洗い物も減らせて◎
  • すべての食材を入れ、なめらかになるまでミキサーにかける。
  • ③大きめのグラスに注いで完成。

ぜひ、ご自宅で作って午後のリラックスタイムをお楽しみください。